近況情報

 

昨年末に販売が始まった
「十八穀米もちもちずんだ大福」は
山形物産店で発売が始まりましたが
売れ行きは順調で、
この春あたりにはカタログでも販売がされるようです。

食事に制限があったり、
添加物保存料の入ったスイーツは苦手、
食材の味を生かしたスイーツが食べたい、
体にあまり良くないスイーツは食べたくない、などという
生徒さんをはじめ、治療食を受け持つ患者さん、
友人知人からの声を形にして、
山形の秘伝豆という山形だけで
栽培されている枝豆をつぶし、
枝豆の食感を生かしてつぶつぶ状態に。

この枝豆で作ったずんだ餡は
枝豆の食感を残していることもあって、
とっても噛むごとに香って来て、
ずんだ餡好きさんにはたまらないお味だそうです。

甘さをかなり控え目にしましたから、
食事が摂りにくい朝に2個食べていますという
ファンの方からのお便りもありました。

このずんだ餡を包むお餅の部分は
血糖値を上げにくいようにブレンドした
十八穀米雑穀を使っているのですが、
そうなんです、この十八穀米雑穀のブレンドも
私がしているのです。

以前、産経新聞の逸品堂で販売していた
十八穀米雑穀で大福用に少しブレンドを変えたもの。
国産の雑穀ですから、少々高くなりますが
美味しさは他の雑穀米が足元にも及ばないと
自負しておりまする。(販売されているほとんどの
雑穀米を食べ比べました〜♪)

桜の香りが漂うプレミアムずんだ大福も
まもなく販売になりますから、
是非是非、一度召し上がってみてくださいね。

最近は栄養に関心がある方が増えて、
企業の健康組合などからも講演の依頼が増えてきました。
番組などの取材で会社の社員食堂チェック
給食のアドバイスなどをさせて頂いていますが、
栄養士の私の頭でもなぜ? と思うほど
体に悪い組み合わせ、作り方、
食べる人の事を考えていない管理栄養士さんが
とっても多いことに驚きます。

そういえば、母が入院した時の病院食も
ひどいものでした。
母は制限が少しありますが、
常食の患者さんでも、揚げ物ばっかり! とか
茶色いものが多い、
野菜がくたくた、などと
まったく楽しみのない食事 と言われていましたっけ。

現場の管理栄養士さん達が疲れてしまっているのかな?
自分達でチェックしないのかな?
栄養と食事に関しては、まだまだしなくてはいけないこと
たくさんありそうです。