近況情報

ようやく新規感染者が減り始めホッとしながらも
まだまだ油断は出来ませんから、
6波にならないよう気を引き締めないと、ですね。

個人レッスンの生徒さんはお一人で学ばれて
休憩を挟んで5〜6時間、ご一緒に過ごすので
いろいろな相談ごとも寄せられます。

会社でリモートになったので
出勤回数が半分になり、
コロナ前から受けていたパワハラが
減ったと喜んでいたら、
パワハラをする人のお仲間に何を言ったかわからないけど、
お仲間から心理的なパワハラをされるようになったと。

心理的なパワハラ、、、
どういうことか聞いてみると、
仕事中は仕事の話はするけど、
目を合わせず、他の人と話すような
柔らかな表現をせずに命令口調とのこと。

50歳代でお局様のような振る舞いをし、
何人かの社員の方も
その人がパワハラの常連だと知っていても
見て見ぬふりをしているとのこと。

私のバイト先にも似たようなパワハラが
横行していますが、
世の中に受け入れられ難い容姿をされ、
裏表がかなりある人なので、
若い頃に逆にパワハラを受けていたのでは、
と逆に気の毒に思ってみてしまうタイプ。

生徒さんの会社でも似たような人がいると知り、
女性が多い職場では仕方のないことなのか? と思いつつ、
他の生徒さんにもパワハラについて聞いてみる。

手段や程度は違ってもあるものですね。
驚きました。
皆さんがしている対策法は
録音して証拠作り、仕事仲間の証言などらしく、
ドラマ並みの事が普通に進行していることに驚く。

昭和の時代に苛めやパワハラはあまり聞いたことがなく
平成の時代は小学校や中学校などで
陰湿なものが報告されていましたが
それを注意すべき大人の社会でも
平然と行われているとは情けない。

いつもいつも良からぬことばかりを考えていて、
そんな人生は楽しいのだろうか。
人を不幸にすることばかり考えているからか
笑顔が似合わない顔になっていないだろうか。
偏った考え方だから偏った生活をしていて
代謝が悪くなって体型が太めだという共通項も気になる。
どんなに裏表を作って取り繕っても
裏がどこかしこから洩れていて、
職場やサークルを離れた社会では
孤独 のようですね。

世間に自分のしていることがバレた時、
自分が大切にしている家族にもバレ、
もしかしたら居住地のご近所にも知られてしまうかもしれない、
それでも歪んだ心で自己満足の世界に浸るのだろうか。

皆様のご意見も聞きながら
もう少しパワハラについて考えてみようと思います。
どんな解決作があるのか、
info@sakuraho.com に直接ご意見を頂けますと
参考にさせて頂きます。
宜しくお願いします。