近況情報

 

夏前から右手首が激痛で
指を別々に動かすことが出来なくなり、
キーボードを打つのが少々困難な状態になってしまって
だましだまし仕事をしていたのですが、
料理をする手というのは器用なものですね。

左手でキーボードのほとんどを担当し、
右手はEnter とShift キー担当。
両手で打つほど早くはありませんが、
そこそこ打てるようになりましたが、
携帯が苦労しました。

昨年1月にタクシーの接触事故で
ムチウチ症になってしまったので、
大学病院の整形外科にかかってはいるものの、
この手の痛みはどうやら整形外科分野では直せない。

強力な湿布を頂いて、
痛み止めを飲んで様子を見るのが精一杯らしく
こまめに湿布を張り替えていたのですが、
この夏の暑さで皮膚はかぶれ易くなり、
逆に腫れあがってしまって、
痛み止めにすがるのみの生活に。

こういう時に私は不思議なエンジンがかかってしまい、
いつも自分の力で何か出来ないかと分析を始めてしまう。

関節が痛い、
関節が熱い、と言うことはまずアイシング。
仕事の時以外は保冷剤を手首に当て
右手は仕事以外は使わない生活。

包丁は握ることは出来たけど、千切りやみじん切りは
かなりの衝撃があるから、
お気に入りの高村のすっごく切れる包丁を使って
ほとんど包丁の重みで切って
何とか調理可能な状態に。

お教室でも見本だけ見せて後は生徒さんに
練習 とばかりに頑張って貰って、
左手メインの生活を送って2ヶ月。

何が良かったのか、
右手は時々の激痛になり、
触らぬ神に祟りなし的に過ごしていると
痛くてもキーボードは打てるようになり、
包丁も普段に近く使えるようになり、
生活の質も向上中。

アイシングという炎症の基本に立ち戻ったのが良かったのか?
消炎鎮痛剤をぬりぬりしていたのが良かったのか?
何とか痛みが我慢出来る範疇になった夏の終わりに
ふと鏡を見て驚く。

右手の筋肉が落ちて、
左手の二の腕がもっこり筋肉誕生〜!!
ノースリーブ着られる季節もほぼ終わったから、
まっいっか!!

そんなこんなでお仕事をお休み、、、なんかしていませんよ。
治療食研究はいつもの通り。
知的障害児の食メニュー作りもいつも通り。
最近、個人レッスンとグループレッスンが増えましたので
ちょっと家族が増えたような気分もして、
さぁ、秋も頑張りま〜っす!