----------------------今月のメッセージ---------------------------

 

このたびの台風21号、24号および9月6日に発生した
北海道・胆振地方を震源とする
北海道胆振東部地震により被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

皆さまの安全と一日も早い復旧を
心よりお祈り申し上げます。

真備町へ「命のレシピ炊き出し隊」を出動させたのが
8月下旬。
あまりに次々と災害が起き、
炊き出し隊隊員の皆さんもすぐに出動調整が整わないまま、
情報と義捐金も募っている所です。

9月の地震直後から9月末頃までは
日帰りが出来るボランティアで
特に道内からのボランティアのみ受付可能でしたが、
10月に近づいてからようやく他府県からの
受け入れをして頂けるようになりました。

最大の避難所が100名ちょっとで、
炊き出し要請はあるものの、
役所とボランティアの方々からの情報では
衣食は不自由ながら足りているが
炊き出しに来ていただけるのは嬉しい。
宿泊場所が不足している、、、とのこと。

炊き出し隊員が一人でも多く参加出来て、
材料その他の資金を集められたら
すぐに出動する予定ですが、
状況を見ながら足踏み中、、、なんかしていませんよ、、
まずは出来ることから始めています。

1、厚真町のお米「さくら米」を子供食堂や施設に寄付中
  (ネットで購入できます)
  「たんとうまい」というお米も発注中
  知的障害施設の給食に使用して頂きます
2.北海道、特に胆振地方を中心とした被災地の
 野菜を購入すべき調査中
 キャベツ、ブロッコリーは既に5箱ずつオーダー中
3、北海道のお土産お菓子などをハロウィンの子供達用に購入

一人ひとりが生活の中で必要となるものを購入することで、
ちょっとちょっとの資金が北海道に集まって
少しでも大きな支援となりますように。

来月初旬を過ぎれば、少し時間にゆとりが出来ますので、
その時点で炊き出し出動を決定したいと思います。

引き続き、皆様のご支援とご協力をお願いします。

               平成30年10月吉日

                      中山 桜甫 拝