----------------------今月のメッセージ---------------------------

 

皆Summer〜お元気ですか〜!
熱いという字がぴったりの暑さが続いていますが、
食欲は落ちていませんか?
夏バテしていませんか?
熱中症は大丈夫ですか?
お陰さまで私は今の所、夏バテ知らずで頑張っています。

夏バテ知らずの理由?
食べ物でしょうか?
普段から旬の野菜を多く摂取していますが、
夏はウリ科のものを多く摂って火照った体を冷します。
紫外線対策になる野菜も多く摂りますが
一番はスイカと桃。

桃は中国が原産ですが、食物繊維(ペクチン)が多いので老廃物を排出し、
腸内環境を整えてくれたり、コレステロール値を下げたり、
血糖値の上昇を抑える、、、という効果があり、
カリウムも多いので血圧の安定化、浮腫み解消、苓苓
筋肉の収縮を正常に行うなどの効果もあります。

その上、老化防止やがん予防に役立つカテキンも豊富で、
カテキンも血糖値の上昇を抑えたり、免疫力を高め、
脂質の吸収を抑制したり、肌の老化さえも防ぐ効果もあり、
ミネラル成分の鉄やマグネシウムなどの必須の栄養素が含まれ、
貧血予防や冷え性改善などの効果も期待でします。
冷して食べても桃には他のフルーツに比べて体を温める作用があるので、
冷え性改善にもなる、、、と。

普段は食用にしていませんが、桃の種の「桃仁」は種から取り出して
生薬として桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)や
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)などの漢方にも使われているようです。
桃仁は女性ホルモンに働きかけ、女性特有の悩みを解消。

桃が特に優れている栄養というものではなく、
上記の様々な栄養がとてもバランスよく含まれているので
果物の中では優秀な存在。
ですが、皮をむいてしまってはなりませぬ。

栄養の多くは皮の方に多く、包丁で剥いたり
手で剥きながら食べますと、汁は落ちる、皮に身がくっついて
過食部分が少なくなり、その少なくなった部分が一番甘いので、
流水で産毛をよく洗って、皮ごと召し上がって下さいね。

スイカは90%が水分で10%が糖質だからウォーターメロン。
赤いスイカの色はリコピンでウリ科なのでカリウムも多く、
ビタミンB群のイノシトール(動脈硬化、肝臓に脂肪が付き難くするなど)が
情報番組などでも良く出てくる言葉ですが、
他にシトルリンといってアミノ酸の1つですが、体内の老廃物や
有害物質を排泄してくれる効果があったり、
ビタミンCを守るシスペイン、
糖質分解酵素のマンノシターゼなどが含まれ、、、
夏に積極的に召し上がって欲しい果物ですね。

とはいえ、果物は糖質が多いので食べすぎは禁物。
料理教室でご紹介した7月の夏バテ対策料理も参考にして、
美味しく楽しく、元気に夏を乗り越えてくださいね。


                        平成29年8月吉日

                           中山 桜甫