----------------------今月のメッセージ---------------------------

今年も後2ヶ月になってしまいましたね。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

今回、更新が遅れたのは毎年のことですが、
11月3日に創立記念チャリティパーティを
開催していましたので、
そのご報告も兼ねて更新しようとしていましたが、
ついついお誕生日週間に突入してしまって、
こんなに遅くなってしまいました。

申し訳ありません。

台風15号の被害が癒えぬまま、
追い討ちをかけるかのように19号が上陸。
各地に大雨、強風が猛威をふるい、
河川の氾濫、土砂崩れ、家屋への浸水など
甚大な被害をもたらしたのに、
更なる21号の大雨で
被災地を壊滅状態になった地域もありました。

お亡くなりになられた方々のご冥福を
お祈りするとともに、
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

私の率いる命のレシピ炊き出し隊では
被災地域の一日も早い復旧と
被災された方々が一日も早く平常の生活に
戻られることを願い、支援募金をつのるとともに
炊き出しで元気になっていただこうと
炊き出し基地をつくるべくリサーチをして参りましたが
隊員の中にも被災者が出て
館山、箱根、長野須坂、群馬嬬恋などを
視察に先行して行って来ました。

急務は家屋のドロのかき出しや
家財道具の運搬などのご要望が多く、
右手首激痛中の私は
落ちた梨、りんご、傷が入った野菜などの
加工方法を実際にお教えする程度となりました。

片付けのボランティアが少なくて
見放されたと感じていらっしゃる被災者の方々や
何も考えられないと呆然とされる方々、
食欲が萎えてしまった方々
片付けようにも片付けるすべがない高齢者の方々、、、
1人では何も出来ないのか
何か出来ることはないか を現場を見ながら考え、
自分なら何をして欲しいかに置き換え、
実際に見たり感じたりしたことから、
次への対策と今出来ることを考えていこうと思います。

11月ももう、半分近く過ぎてしまいましたので
ちょっと焦りを感じますが、
少しだけ無理をしてボランティアも
お仕事も34周年に向けて
頑張りたいと思います。

近況にも書きましたが
33周年記念をたくさんの協賛各社と
生徒さん達、友人に支えられて
恙無く終えることが出来ました。

皆様、ありがとうございました。


                令和元年11月吉日

                       中山 桜甫 謝