----------------------今月のメッセージ---------------------------


もうもう11月になってしまいましたね。

近況に書きましたが母が10月入院をして
月末に帰宅しましたが、
年齢的に完全復帰の元気元気退院ではないので、
自宅療養中、、、ヘトヘトが続いてしまって
更新がとっても遅れて申し訳ありません。

Facebookなどで近況を知り、
ご心配を頂いたり、
私が病気しているのではと
もっと心配して頂いたり、
ありがとうございました。

さて、11月になり、
立冬がありますので冬に入ったという事ですが、
立冬に解禁になるのが松葉ガニ漁。

私が生まれた兵庫県豊岡市には
津居山 という漁港があり、
のどぐろやイカ、はたはたなども水揚げされますが、
一番有名なのは 松葉ガニ でしょうか。

子供の頃は週に1回、
母がなんと自転車で市場に買いに行き、
夕飯を少なめに食べた後、
松葉ガニとコウバコガニ(松葉の雌)の茹でたてを
各1ハイずつ家族に配り、
いろんな話をしながら松葉カニを食べながら、
コウバコガニの身と内子を捌きながら、
外子も食べて、、、をするんです。

捌いたコウババコガニは翌日、カニご飯に。
内子も入ってとっても美味しいご飯になります。
おかずは何も要らない、
けど、、、出し巻き卵があると
あっ、キュウリと外子を会えた出し酢物があると
ベタな食レポっぽくなってしまいますが、
何倍でも食べられちゃいます。

小学生の私でも一人で捌いて食べていましたから
今でも松葉ガニを食べるのは早いですよ〜!!
それに慣れているから黙々とにならない。
まごまごしている人を見ると捌いてあげちゃったりも。

立冬になる度に松葉ガニ漁を思い出す私ですが、
豊岡市は私の味覚を作ってくれた街。
但馬牛がいて、松葉ガニがあって、
盆地だから水がキレイで
その水で出来た稲から美味しいお米が取れて
その美味しいお米からお酒が出来て。
海が近いから海産物も豊富で
盆地の山が幾つも連なっているから
野菜も高原野菜が多く出荷され、
ホントに美味しいものがたくさんある故郷です。

甘いものではコウノトリ巣篭もり饅頭 というのがありましたが、
私は信玄餅のような 力餅 が大好きで、
東京に変な車を走らせているはりま焼き、
玄そばですが出石そばというお蕎麦があります。

昨年、一昨年とコロナで帰省が出来ませんでしたが
この調子で感染爆発が起きずに
新規感染者数が沙がた状態が続きますと
母を連れて帰省してみようと思います。

あっ、豊岡には城崎温泉もありますよ〜!

さぁ、一気に年末まで頑張りましょう!!

               令和3年11月吉日
                     中山 桜甫 謝