----------------------今月のメッセージ---------------------------

 

酷暑、猛暑の日々、如何お過ごしですか。
街頭インタビューでは、
マイクを向けられた女性が
「とろける暑さ〜」と次々に表現されていて、、、
体が溶ける訳ないでしょ、と思いつつも
感じが伝わってきますね。

キッチンスタジオの建物の前の道は
日中、車がたくさん通るので、
気温が35度を超えると体感温度は50度近くなります。
道路際で信号を待っていると
焼かれているような感覚の暑さよりも熱さが
伝わって来て、汗が噴出してきます。

だからこそ、西日本豪雨に被災された方々の所へ
炊き出しに行かなくては といつものように考えるのですが、
現地の気温があまりに高くて、
エアコンのない調理場では、
食中毒を作りに行くようなものと
半ば諦めて、現地のボランティアの方々からの
情報と要請で給水タンクやタオルなどを
お送りして来ましたが、
知人の紹介で拠点が作れることになり、
暑さ対策も万全ではないけど
炊き出し可能な調理工程が浮かんで来て、
いつものメンバーに呼びかけて、
8月22日、23日に倉敷市真備町へ行くことになりました。

カレーや焼きそば、ラーメンなどの
味付けが濃く、野菜が少ないメニューばかりでは
生きる希望を見出せないような気がして、
東日本釜石、女川、熊本に次いで、
4回目の出動の今回も一汁三菜を提供させて頂いて
ほんの一瞬でも良いから、
心から美味しいと思って頂けるよう、
笑顔になって頂けるよう、
やがてはそれが心の栄養になるように、
調理技術と栄養学を駆使して、
目いっぱいの心でお作りしようと思います。

助っ人も入れて約10名で現地に向かいます。
拠点とする薗小学校の先生方や
炊き出し隊スタッフの友人なども
お手伝いを頂けるとのこと。
生きる望みになるように考える『命のレシピ』
たくさんのご協賛を頂いて、
思いがそのまま形になるよう、
少人数ながら頑張って来ますね。

19.20日には現地には行けないけど
お手伝いをしたいと仰ってくださった
「命のレシピ炊き出し準備隊」の皆様と
下ごしらえや出発の準備をする予定です。

炊き出しだけでなく、現地に送られた物資を
何を組み合わせて、どう料理するか、
無駄なく美味しく召し上がって
栄養の相乗効果の工夫も
地元ボランティアさんに伝授してこようと思います。

一人では大きなことは出来ないけど
みんなのちょっとちょっとの力を集めると
大きな力になり、思いを形に出来ます。

たくさんのご協賛を頂戴していますが、
一汁三菜に仕上げるにはまだまだ不足しており、
募金をお願い出来ればと思います。

振込み先や準備隊参加希望、お問い合わせは
info@sakuraho.com  まで。
どうぞ、よろしくお願いします。


                平成30年8月吉日

                中山 桜甫 拝